Uncategorized

脳をフル回転させるドライビング

高齢化する日本社会の中で、高齢者ドライバーに対する様々な取り決めが行われているようです。「信号無視」「通行禁止違反」「合図不履行」などの法で定める18種類の交通違反行為が、75歳以上の高齢者ドライバーに見られた場合、臨時認知機能検査を受けなくてはなりません。記憶力や判断力を判定し検査結果が前回よりも下回った場合は、臨時高齢者講習の受講が必要とされます。さらには臨時認知機能検査の結果、『「記憶力」「判断力」が低くなっています』と判定された場合は、医師の診断が必要とされています。法によって定められた18種類の交通違反の項目は、特に認知機能の低下との関連から高齢者が起こしやすい違反と考えられ定められているようです。臨時認知機能検査は、約30分ほどの検査であります。3つの検査項目に分けられて判定され「記憶力」「判断力」の低下を判定します。一般の路上で車を運転する際には、ドライバーたちは四方八方の状況に注意を払い、信号、道路標識をきちんと読み取った上で安全な運転を行っています。前方の車との車間距離や横断歩道を歩く歩行者の飛び出し、バイクのすり抜けなど、車の運転を行う事で脳は常に脳機能をフル回転させて様々な事柄を認知しています。高齢者ドライバーたちの認知機能の衰えが、運転技術への影響に及んでしまうのは、車の運転そのものが高度な作業を行う事であるからなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です