Uncategorized

車の運転をしていると疲れてしまう人

車の運転は、誰しもが疲れる事です。安全運転をする事は周囲の動きに集中するとともに、危険を察知し、あらゆる事に反応しなくてはならないはずです。目の前の人や車が自分が予測していた方向とは全く異なる方面に動き出してしまったり、それまでは停止していたものが急に思わぬ動きをした場合は、臨機応変に対処し機敏に反応しなくてはならないでしょう。都会や街中の公道には、徒歩の人がいたりバイク、自転車、車椅子などの乗り物に乗った人もいるのです。大人ばかりでなく、好奇心旺盛な子供たちや、認知の衰えた高齢者などもいるはずです。時には、ペットを連れた飼い主がペットの動きに翻弄されながら、街中を散歩しているような事もあるでしょう。車の運転には危険はつきものであるはずですが、余裕をもって運転している人と、そうでない人では、運転からくる疲労感は雲泥の差ほどあるかもしれません。ペーパードライバーなどは、特に長い期間、車の運転から離れていた事から、運転自体に緊張感が増す事で疲労感は倍増するはずです。そのような緊張感から生じる疲労感を生まない為にも、皆さん自身が、ペーパードライバーにならない為にも定期的に運転する習慣をもつ事も大切なのではないでしょうか。運転する際のよけいな緊張感や疲労感が軽減するだけでも、ドライビングに余裕が生まれ、街中を走る際の危険察知にもつながっていくのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です