Uncategorized

カーブのハンドル操作

基本的には、緩やかなカーブと同様に、内側の延長線に車の先っぽが到達した時点でハンドルを左側に思いっきり切っておくということが、コツの一つであるという風に言えるでしょう。そして、 切り返しで後輪が使えてしまうというようなケースなどがあるという風に思われます。このような原因として挙げられるのは、とにかく焦り過ぎてしまってハンドルを切るのが早い、というようなパターンが挙げられているようです。重要なのは運転の仕方が分からなくなったり、ハンドルの切り方に迷ってしまった場合には最初から戻ってやり直すというような精神を持っておくことが重要だと言えるでしょう。無理をして、突き進んでしまえば、どんどんどんどん迷い道に入ってしまうことにもなりかねませんから、注意をしておかなければなりません。例えば、右の後ろ側などがつかえた場合には、ハンドルをそのままにして、後ろを確認した状態で、ゆっくりとバックすることがお勧めだと言えるでしょう。基本的には、脱輪した際にも、同じようなマニュアルで守ってやることがポイントだと言えます。窮屈なカーブなどが多いと言われる日本の運転においては、コーナーを曲がる際に、細心の注意を払わなければならないことを、覚えておく必要があると言えるでしょう。右に曲がる際には、きちんと外側に車を寄せておくなどして、慎重な運転を心がけることが求められているのではないかと考えられなくもありません。実際のところ、縁石にどれくらいのスペースで乗り上げてしまうのかということを知りたい人は、意外に多いかもしれませんが、車の右肩がカーブ付近に当たってしまうようだと、右の後輪が乗り上げる可能性が非常に高い、というふうに言えるでしょう。逆に、左肩がコースを回れないように思えたら、おそらく左のゼンリンが乗り上げてしまう可能性が高いという風に言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です