Uncategorized

マニュアルとオートマについて

マニュアル車の場合には、発信するという際には、安全確認と同時にギアを入れるなど、様々な作業を、やらなくてはならず、どちらかが疎かになってしまってはダメなわけですから、きちんと習慣としてできるようになるためにも、イメージトレーニングは欠かせないものである、というふうに言えるでしょう。実際に習ったばかりでは、頭の中が混乱してしまい、教官に怒られてしまうこともあるかもしれません。しかし、それくらい安全にも気を使い、車の技術にも気を使わなくてはならないのが、運転免許の取得であるというふうに理解して、めげずに頑張っていくことが、重要であるというふうに言えるかもしれません。とりわけ、多くの人が悩む問題としては、半クラッチというものがあるかもしれません。思い切り、クラッチを踏み込んだ状態では、車は全く動きませんが、アクセルを踏みながら、少しずつクラッチを上げるとエンジン音が変わり、ゆっくりゆっくりと車が動き出していくわけです。その動き出すちょうどのところが半クラッチと呼ばれる状態で車が動き出したらクラッチをさらに上げることで、スムーズに走行することができるようになるわけです。そして、ハンドブレーキを下げて、クラッチを上げて発進までしたら、先ほど出した合図としてのウインカーを切ることができれば、バッチリだと言えるでしょう。うまく発信することができたら、きちんと止まることができるようにならなければなりません。右足をアクセルから話して、ブレーキを急に思いっきり踏んでしまうと、後ろの車にも危険な思いをさせてしまうほか、玉突き事故のようなひどい事故にもなりかねないことを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です