Uncategorized

緊急事態が起きた時

交通事故というものは、自分がどんなに安全運転を心掛けても生じ得るものです。自分がいくら気を付けていても、他の車の粗暴な運転に巻き込まれてしまうときもあります。例えば対向車が急に正面に現れたとしましょう。警音器を鳴らすと同時に、急ブレーキを掛けなければなりません。左側に避けるのが原則とされますが、一瞬の判断で臨機応変に対応することが肝心です。もちろん危険を避けるためには、道路外に逃れるような非常手段も許されています。

天候の悪化等で道路事情が悪くなった時、多くの運転手は減速して注意を払うでしょうが、それでも車が言うことを聞かなくなることはあります。よく見られるのは、後輪の横滑りです。横滑りを感得したら、先ずはアクセルを緩めて方向の立て直しに心血を注ぎます。急ブレーキを掛けてはいけません。まっすぐ進むように、後輪が滑った方向にハンドルを切るようにします。つまり右に滑った時は右に、左に滑った時は左に切れば、車は進行方向に平行な向きを保ちます。ところで後輪の横滑りは天候によるものだけではありません。自分の粗暴な運転、例えば急ハンドルや急加速でも生じ得るので、注意するようにしましょう。

道路事情が悪ければ、時にはぬかるみに嵌ることもあります。つまりタイヤが空回りして前後に抜け出せないわけですが、対処方法として有効なのは、タイヤに毛布、木の板等を噛ませることです。乗客等の協力が期待できる時は、車外から押してもらうのも役立ちます。毛布はこうした事態を想定して、日頃からトランクに積んでおきましょう。

万一交通事故が発生したら、プロの運転手として冷静に行動することが求められます。優先すべきは言うまでもありませんが、乗客の保護です。負傷者が認められた場合は、救急車が到着するまで救護に当たります。さらに、周囲の自動車に危険を知らせるための措置を施します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です