Uncategorized

交通事故が起こったら

プロの運転手であっても、交通事故に遭遇すればパニックに陥ります。しかし出来る限り冷静で居られるように努め、乗客の身の安全、負傷者の救護に当たらなければなりません。また、それ以上事態が悪化しないように、続発事故の防止に努める必要もあります。警察、救急への通報、遺留品の保管、負傷者の家族への通知は欠かせません。

続発事故を防ぐための措置は難しいものではありません。車を路肩や空き地に移動させるだけでよいのです。しかしパニックに陥っている中では、この作業だけでも冷静に行うのは難しいでしょう。普段から事故発生時のシミュレーションをしておくことが肝要です。負傷者の救護に関しては、医療関係者でなくてもできることを最大限施します。救急車の要請はもちろんのこと、応急手当も求められます。応急手当は最優先事項ですから、電話連絡等は周囲の人の協力を仰ぐことが大切です。救護活動が一段落すれば、速やかに警察に通報します。事故の内容を出来る限り冷静に、正確に報告し、警察官の指示を仰ぎます。この時点で乗客の遺留品、所持品があれば、警察に保管方法を尋ねると良いでしょう。

事故によって運転手自身がけがをした場合、軽傷であるとして医療機関を利用しない人もいますが、警察官に届け出ると共に、必ず医師の診断を受けなければなりません。目立った外傷がない場合でも、頭部に衝撃を受けているようなケースでは、後遺症が生じることもあるからです。交通事故の後遺症は事故直後に生じるわけではありません。必ず専門家である医師の診断を仰がなければならないのはそうした理由によるのです。

こうした交通事故を起こさないためにも、教習所や合宿免許ではしっかり学びながら、事故を起こさないための心構えをしておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です