Uncategorized

踏切内での故障

タクシー等を運転している際、踏切内で故障するなどすれば大変です。慌てることなく、冷静に適切な措置を施す必要があります。最優先で行わなければならないのは、乗客を非難させることです。また同時に、列車に合図することです。乗客を速やかに退避させた後は、列車の運転士に危険を知らせます。そのためには、警報機を使うのが一般的です。警報機は踏切の柱に取り付けられていることが多く、踏切支障報知装置と呼ばれています。使い方はボタンを押すだけですから難しくありません。万一同装置が備え付けられていない場合は、発煙筒を使って合図を送ります。その発煙筒さえ見当たらない場合は、適当な物を燃やして煙を発生させて知らせます。

乗客の避難、警報機の作動が無事行われれば、電車が近くに迫るまで、できる限り車を移動させるように努めます。エンジンが掛からない場合は、非常手段が存在するので、そちらを試みます。マニュアル車であれば、ギアをローやセカンドに入れ、クラッチを繋いだまま点火し、セルモーターを回します。それも叶わなければ、近くの人にお願いして、人力で押し出すのも有効です。大型車の場合は数人で押し出すのは不可能ですから、他の車による牽引を試みます。

ところでこうした措置は踏切内に留まらず、交差点等で同様の故障が生じた際にも有効です。通するのは冷静に実施することです。もちろん乗客の安全を確保することは言うまでもありません。坂道等では、たとえ車が故障していなくても、運転手が車から離れる場合は、乗客も降ろすことが大切です。

こうした意識を持つためにも、教習所や合宿免許ではしっかりと学んでおく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です