Uncategorized

運転免許の取得費用

運転免許の取得には一体どのくらい費用がかかるのでしょうか。もちろん、取得に必要な費用は自動車免許の種類によって違うのですが、一般的である普通自動車免許を例に挙げると、だいたい安くて約15万円、高くて40万円弱となります。なぜこんなにも差がでるのか驚かれる方もいるでしょう。それは免許の取得の過程によって変わるからです。

例えば、免許の取得方法についてよく選ばれるのが、教習所に通って免許を取得するケースと、合宿に参加して免許取得を目指すケースの二つです。基本的には、教習所に通うよりも合宿に参加する免許の取得の方が費用を抑えられる傾向にあります。

また、時期によっても変わってきます。教習所は民間企業ですから、多くの入校生が見込める繁忙期、特に大学生の長期休暇に重なる7月下旬から9月上旬や2月下旬から4月上旬には授業料等の価格が高くなりがちですし、逆にそれ以外の閑散期は入校生が少しでもほしいので安い価格で募集するのが多いです。

他には、AT(オートマティック)免許にするかMT(マニュアル)免許にするかでも変わってきます。AT免許はAT車用の、MT免許はMT車用の免許です。AT車とMT車の違いはギアチェンジがいらない方がAT、必要な方がMTとなっていますが、ギアチェンジが必要な分、MT免許の方が取得するために受ける授業の数が多くなります。それによって、当然授業費用の総額が増えますし、合宿で免許を取得する場合だと、宿泊日数も増えるのでその分の費用も増えます。最近は、MT車の数が減りAT車が増えてきているので、仕事や趣味でMT免許が必要だという人以外は、安いのもあってAT免許を選ぶ人が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です