Uncategorized

車の動きの特徴

教習所では学ぶことですが、初めて車に乗ったときに、車の大きさとスピードを考えてカーブを回ったり、駐車したり、車線変更をする感覚がつかめず、自分の思ったとおりに車を動かすことができず、戸惑うことは、多くの人が経験してきたことかもしれません。車の動きの特徴を理解して、注意すべき点がいくつかあるようです。

まず内輪差と外輪差です。カーブなどで前輪と後輪が描くラインは異なり、車が右に曲がっても左に曲がっても前輪より後輪のほうがカーブの内側を通ります。その分ボディもカーブの内側に寄るので、気を付けなければなりません。

次に、車には運転中、ミラーでは見えない死角があることを知っておかなければなりません。特に、自分の車の真横に近い斜め後ろの空間は、死角になりやすく、車線変更をしようとしたらクラクションを鳴らされた経験をした人は多いかもしれません。このようなことがないように、目視で確認することを習慣にすることです。

さらに車幅感覚も何度も運転して身につけておかなければなりません。車の大きさにもよりますが、自分は道路の中心を走っているつもりでも、初心者のうちは、どちらかに偏っている場合が多く見られるようです。体が覚えるまで、何度も乗ってみることが大切です。

また、狭い道路で対向車が来たときに、すれ違えるかどうかの感覚もわかりづらいところです。自信がなければ、広めの場所で、一時停車して対向車の通貨を待つのがよいかもしれません。

信号待ちや渋滞のときには、前の車との空き感覚もつかみづらいかもしれません。ほどよい車間距離は、ドライバー目線で前の車のバンパーが見える位置ともいわれていますが、幹線道路や高速道路では状況が変わってきますので、気を付けなければなりません。突然、前車が停止したり、割り込んでくることもありますので、さまざまな状況を予測しながらほどよい距離を保つ感覚を覚えることも大切になるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です