運転免許の期限

一度取得した免許は生涯使えるわけではなく、免許証に記載されている有効期間まで有効です。したがって、その後も車に乗る場合は、更新手続きが必要になります。

有効期間は、免許を取得してから、または前回の更新時か3年か5年毎の誕生日の1ヵ月後になっており、更新の手続きは、その2か月前からできるようになっています。運転免許証の有効年が記載された部分の色が緑の人は、免許を取得してまだ更新をしたことのない人で、3年で更新しなければならない人です。青色はすでに更新したことのある人で、やはり3年で更新ですが、この中でも無事故無違反や軽微な程度の違反をしただけであれば、ゴールドとなり、5年間の有効期間が与えられます。それぞれの有効期間内に更新手続きを行わなかった場合は、運転免許証は失効することになりますので、注意しなければなりません。更新の時期になるとハガキで通知が届くため、忘れることはありませんが、事情があってその期間までに行くことができない場合は、手続きを行うことで再取得できることもあるようです。

更新手続きは、原則として、住所地を所轄する都道府県の運転免許センターか、警察署等で行うことができます。当日は、手続きに必要な免許証と写真などを忘れないようにしなければなりません。その後視力・聴力の検査があり、更新場所によっては、その場で更新時講習を受ける場合もあります。講習は前回の更新時期とは内容が更新されていることもあるため、無事故・無違反の人も受けることになります。また70歳以上の高齢者の方が引き続き免許の更新を希望する場合は、高齢者向けの講習があり、必ず受けなければ更新ができないようになっているようです。さらに75歳以上の方には、認知機能検査などを受けることも義務付けられたようです。高齢者にとっては、いつ免許の更新をあきらめるかは、日常生活にも大きくかかわってくる問題ですので、家族とよく話し合って決めるのがよいかもしれません。

講習を受けた後には、新しい免許証を受け取ることができます。