運転免許は必要?

車好きの人にとっては、運転免許を取ることにはそれほど抵抗もなく、むしろ楽しみにしている人もいるかもしれません。しかし一方では、さまざまな理由で、やむを得ず取らざるを得ない状況に追いやられている人もいるようです。

首都圏では、電車やバスなどの公共交通機関が充実しており、車にたよらなくても、それほど不便に感じない環境にあります。しかしながら、地方に行くと、そもそも電車も通っていなくて、ときどき通過するバスも1日に数回しか走っていないという状況は、よく見られることです。過疎化が進み、利用する人も少ないため、公共の乗り物はますます減少していく一方の状況のなかでは、車は足代わりとしてどうしても必要になります。通勤で利用したり、小さな子どもがいる家庭や、休日のお出かけや買い物も、車なしでは行動範囲が限られてしまい、生活そのものが不便となってしまいます。

また就職の際には、職種によっては、自動車免許が必須条件となっていたり、運転ができるということで、仕事の幅が広がるなど、有利になる場合が多いようです。

免許は取ったものの、結局、車に乗る機会もなくペーパードライバーになってしまった人にとって、顔写真付の運転免許証は、身分証明書としてさまざまな場所で活用できるため、免許の更新だけは行くという人も多いようです。

持っておくと便利な運転免許ですが、車に長年乗り、便利さに慣れてしまうと、自分が高齢者になり判断力が鈍ってきても、なかなか車を手放せないという問題も起こっています。高齢者の事故は毎年増え続けている中で、それを補ってくれるインフラも整わず、解決策が見つかっていないのが現状のようです。